東京都内で居抜きオフィスのある場所を探すなら

まずは業者に手伝ってもらいましょう

東京都内では、いろいろなところで様々なオフィスがあります。特定の種類の居抜きオフィスを探したいなら、ぜひとも専門の業者に声をかけて、手伝ってもらいましょう。どこの場所のオフィスが良いのかということを、専門の業者に早い段階で伝えておくことが大事です。信頼と実績のある仲介不動産業者であれば、間違いのない物件をピックアップして、すぐにでもこちらに情報を提供してくれます。どのくらいの初期費用がかかるのか、そして毎月のランニングコストとなる家賃はどのくらいなのか、教えてもらいましょう。やはり料金が重要な要素となるので、1番最初に確認しておきたいところです。

立地条件が大きな鍵を握ることになる

また、居抜きオフィスは、その種類にもよりますが、やはり立地条件も非常に重要な要素となります。店舗型の居抜きオフィスであればなおのこと、お客さんが通いやすいようなところでなくては話にならないでしょう。もちろん、店舗型では無いにしても、そこで働く従業員が通いやすいようなところのほうが、快適に利用できるはずです。場所選びも、金額の条件と同じ位に重要なので、その希望に関しては担当不動産業者に全て伝えておくことが基本となります。東京都内は、新宿を始めとしてオフィス街が非常に多いので、真剣に探せば立地条件的に良いところも見つかるでしょう。資料を先に見せてもらうのが基本ですが、それだけではよくわからないこともあるはずです。いくつかの物件をピックアップして比較し、気になるオフィス物件が見つかったら、業者と2人で見学に向かうことをお勧めします。実際に自分の足止めて確認し、そこで総合的な判断を下すようにしましょう。

少々違う種類でも活用できる場合が多い

居抜き状態のオフィスとは言え、全く同じジャンルの仕事をする必要はどこにもないです。例えば、中には飲食店の内装から、美容室の内装に改良してしまった人もいます。たとえ居抜きしか残っていなくても、リノベーションするお金があるなら、そこにお金を使っても良いでしょう。場所を優先すると言うのであればなおのこと、立地条件的に恵まれている居抜きオフィスにターゲットを絞って、気に食わない部分は後からリノベーションすれば良いだけの話です。どの要素を優先するのかによって、東京都内で選ぶべきオフィスも変わってきます。担当の不動産業者と二人三脚でミーティングを何度も行い、それから結論を出すようにしましょう。